社員研修では社員の意思を大事にする!モチベーションが変わる!

社員研修の主役は社員

社員研修は社員にやる気がなければ、大きな成果が上がらないものになります。研修内容を仕事に活かすようになるためには、社員が望む社員研修にすることが大事です。受けてもらうという意識から、社員主導で研修を行うという意識へ変化させることで効果は高くなるでしょう。そのために主役となる社員が学びたいことを、会社側が把握することが重要です。把握する方法としては、アンケートや聞き取り調査が有効になります。個人面談をする必要はなく、雑談や世間話で聞くと本音が聞けることがあります。社員自身が研修の主役であると気づければ、研修の内容などに自ら関わってくる可能性もあるでしょう。そうなるように導くことが大切になります。

モチベーションを上げるには社員の望みを叶えることが大事

社員の意思を大事にすると、モチベーションの向上につながります。社員が学びたい研修内容にして、社員が望むカリキュラムを設定すると、社員のモチベーションが変わってきます。学びたい欲求を満たす研修内容であれば、貪欲に内容を身に付けようとするのです。望んでいない研修内容では、高いモチベーションは維持できません。研修を社員と共に作り上げるという意識で研修を作ると、社員が望むことを多く叶えられます。会社側が望んでいる研修だけでは、社員のモチベーションを大きく上げることは少ないでしょう。研修を受ける人たちのことを考えて作り上げていくことが重要です。研修を受ける人のことを考えれば、どうすればいいかが見えてきます。研修の成功は受けた人たちがどれだけ多くのことを身に付けられるかにかかっています。

© Copyright Methods Of Training. All Rights Reserved.