社員が望む社員研修にするために!

楽しさの要素が、社員研修の効果を高める秘訣

社員研修において社員が求める研修を行う場合は、満足感に視点を当てなければなりません。人は、満足感を得ると快感が生まれ、記憶を強めるとも言われています。そのため、遊びとしての快感では無く、人が快感を得られる要素に視点を当てるのもポイントです。例えば、人は褒められると快感が生じる場合もありまして、成長を成し遂げた場合にも快感は生じます。まずは、目標を明確化するために、社員各々が、研修を受ける事によって、どの様な達成を得られるのか自分自身で自覚させるのも良いでしょう。これは、研修を行う側が示すのでは無く、自分自身で考え自分自身で決めると、より効果は高まります。決められた社員研修においての自分自身での目標が、より自覚され明確化になるためです。

社員の欲求は、マズローの欲求階層説に着目せよ

心理学者のマズローは、人の欲求に対して説いています。人には、段階の欲求があり、満たされれば次の高い欲求を求める説です。この説は、社員研修にも効果を発揮します。人には、仲間から大切にされたい欲求があり、組織の中で大切な存在としての地位を求める欲求があるのです。そのため、組織において何が足りないのかを社員研修で伝えるのもポイントです。それを補う人材として、欠かせない人材として伝えれば、社員研修の質を高めれるでしょう。次の段階における欲求には、社会に貢献したい欲求があります。企業の業種にもよりますが、クライアントが何を求めているのか、社会にどの様な影響を与えるのかを示せれば、社員の質を高めれるはずです。この欲求を共有し合えば、団結心も高まるでしょう。

© Copyright Methods Of Training. All Rights Reserved.