社員研修で大切な3つのポイント!全て取り入れる!

合格ラインを明確にする

社員研修では、「これを身につける」という具体的な目標を明確にしましょう。研修のために割ける時間には限りがあります。あれもこれもと詰め込みたくなりますが、明確な合格ラインを作ることで、これは次回に回す、これは今後の課題、とやるべきことがはっきりします。 また、研修を受ける人たちの達成感を得るために、研修ステップを提示するのもよいでしょう。終わった段階にチェックを入れる、小テストを行う、レポートを提出させるなどの方法で、「これが終わった」ということを当人に意識させます。 研修すべきことをスモールステップに分け、区切りながら先に進めていくことで、ダラダラと長く行う研修よりも、短期間で充実した研修を行えるはずです。

疑問点をクリアにする

研修が進むにつれて疑問が生じてくるかと思います。最初は、疑問すらわかないのですが、少しわかってくると「あれ?これはどうだったっけ?」とか、「この2つはどっちが優先?」など感じることもあるはずです。疑問が出てくるのは理解が進んでいる証拠なのです。
研修では、「質問がなかったので、みんなよく理解できているのだろう」と思いがちですが、それは間違いなんです。いくつか疑問が生じるのが普通なのに、疑問が出てくるところまで理解が進んでいない可能性がある、ととらえましょう。
とはいえ、新入社員は緊張で質問ができないかもしれません。わからないことは放置したままでは、業務に支障も出ますから、質問ウェルカムの雰囲気作りも大切です。

© Copyright Methods Of Training. All Rights Reserved.