アフターフォローで一段上の社員研修へ!

研修は終わった後がかなり重要

研修はどんなに実践に則した内容であっても、実際の仕事とは異なります。そのため、仕事に研修内容を当てはめられるかどうかで、研修が役に立つかが決まってきます。しかし、研修は終わったらそこまでと考える社員は少なくありません。せっかく研修で重要なことを学んでも、生かさなければ意味がなくなります。そうならないようにアフターフォローをすることが社員研修では重要です。研修後にレポートを書くことはあるかもしれませんが、それだけでは十分ではありません。アフターフォローをするなら、研修内容を仕事に当てはめることができない人をフォローするような方策を取ると良いでしょう。研修内容は頭に入っていても、それを実際に使うことができないという人を多いものです。

良いアフターフォローの仕方

研修を受けるとすぐに仕事に活かせる人がいます。適応させる能力が高い人です。アフターフォローをするなら、そのような人をお手本にすることが大事です。適応させている人から、研修の参加者が学ぶ勉強会を開催するというのは良い案でしょう。参加者同士で検討することで、自分には何が足りないのかが見えてくるからです。他の人を見てみると気付かなかった点に気づけることは多いです。さらに話し合いを行うことで、より深い理解を得られます。また、ある程度時間が経ってから勉強会などをすることも重要です。研修直後はできていたことが時間が経つとできなくなる可能性があります。もう一度思い出してしっかり身に付ける良い機会になるでしょう。

© Copyright Methods Of Training. All Rights Reserved.