研修には時間をかける!

社員研修では計画に時間をかける

社員研修を成功に導くためには、時間をかけて計画をしっかり立てることが大切です。研修内容、人選、日程、場所の選定などの計画は研修が上手く行くかの根幹になります。特に研修内容と人選が重要です。研修を受ける社員が学びたいと思う内容でなければ、研修を受けても身に付かないことになりかねません。また、人選を間違うと研修が成長ヘの手助けにならない可能性があるでしょう。このように計画段階でいい研修になるかが決まっていることが多いです。いい研修にするために計画を調査から始めるといいでしょう。どのような研修を社員が望んでいるかという調査です。これを行うことで社員の意識が分かり、社員の望む研修を行うことができるようになります。

研修では終わった後にも時間をかける

研修までに時間をかける会社は少なくないかもしれませんが、終わった後に時間をかける会社は多くないでしょう。実は研修が終わった後がかなり重要です。研修で身に付けたものを自分のものにするためには、仕事に応用できるかが重要になります。しかし、一人でそれができる人もいれば、できない人もいるからです。大切なことを学んでも、仕事に使えなければ意味がありません。そうならないように、研修を終わったあとに時間をかけて検討させます。検討会などの形を取って、参加者が学ぶ時間を設定します。これによって、仕事に応用できない人を減らすことができるのです。研修直後よりは、1週間後のように時間をあけると良いでしょう。自分の問題点が見えてくるまでには時間がかかるからです。

© Copyright Methods Of Training. All Rights Reserved.